コンタクトを使用する前に注意してほしいこと

はじめてのコンタクトレンズ

 

度ありのカラコンにしても、度なしのカラコンにしても、1DAYタイプのものは少なく、使用期限は1ヶ月~数年と、継続的に使用することとなります。
パーティー用として1度きりの使用ならば、使い捨てて構いませんが、何度か使用する予定である場合、もしくは毎日装着する予定なら、最低限のお手入れが必要となります。

 

すでに、視力矯正の目的でコンタクトレンズを使用している方は、問題ないです。
いつも使っているコンタクトレンズと同じようにお手入れしてあげてください。

 

コンタクトレンズの使用が初めてという方は、最低限のお手入れ方法をマスターしてください。
これを怠ってしまうと、最悪『失明』というリスクも出てきます。
気をつけたいのは以下の通りです。

 

清潔を保つ

レンズの清潔を保つことは最優先です!
レンズが不潔だと、そこから目に感染して、あらゆる目の病気や視力低下に繋がります。
ものもらいなどになっては、カラコンどころの話ではなく、人前に出れなくなってしまうので、ここは十分に気をつけて頂きたいです。
また、よく見落としがちな部分として、装着時の手をきちんと洗っていないということがあります。
装着時は、直接レンズを触りますので、清潔な手で装着するようにしてください。

 

 

傷に気をつける

傷に気をつけるというのは、2つの意味があります。
1つはレンズ本体
粗暴な扱いをしていると、レンズが傷ついてしまいます。
見えづらくなったり、敗れたりする可能性もありますので、注意してください。
特に、小さな亀裂が入ったまま、装着し、目の中で敗れてしまった場合、レンズの欠片が目の裏側に潜り込んでしまうこともありえますので、十分注意してください。
傷が付いたら新しいものと交換しましょう。

 

2つ目は、自分の目です。
コンタクトレンズは、意外とホコリなどを絡め取ってしまうのです。
目に見えないような汚れがたくさん付着しています。
これからきちんと洗浄することなく装着していると、目の角膜を傷つけることになります。
角膜炎などになると、白目部分は真っ赤に充血し、目やにも出てきます
十分注意しましょう。