どんな髪の色や瞳の色でも似合うブラウンを選んでおけば不自然にはなりません。

カラコンの色別で与える印象

 

カラコン

 

 

ブラウン

大人の落ち着いた雰囲気を出せる色調ですし、よほど奇抜な髪の色をしていない限り、
どういった髪の色や瞳の色をしている人でも似合います

 

つまり、カラコンにおけるブラウンは、誰にでも似合う万能な色です。

 

初めてカラコンを使用する人は、カラー選びに迷うでしょうが、
この色を選んでおけば不自然にはなりません

 

もちろんブラウンと言っても、そこからさらに細かく色が分けられているため、
そのあたりは髪や瞳の色が最もマッチするものを選べばいいでしょう。

 

 

 

ブラック

目の魅力を高める上で、色ではなく瞳の大きさをアピールしたいという人向けです。

 

瞳自体も完全なブラックではないのですが、カラコンの中では最も目立ちにくい色です。

 

カラコンは、色でオシャレに見せるのはもちろん、目を大きく見せるという効果もあります。

 

「瞳の色は変えずに目だけ大きく見せたい」、
そんなわがままな要求を叶えてくれるのがブラックです。

 

注意点としては、黒髪の場合は意外と似合わないということです。

 

特にフチありでラインの太いカラコンを選ぶと
相当キツそうな雰囲気に見えてしまうので要注意です。

 

 

 

レッド

かなり奇抜な色になるため、日常生活で使用することはおススメできません

 

しかし、ライブの演出やコスプレなど、何らかのイベントでは意外と使えます。

 

「演出上、赤い瞳にしたい」、
一見無茶な要望も、カラコンを使えば容易に叶うというわけです。

 

言うまでもないですが、かなり強調される上に、色としても目立つので、
あくまで派手な演出や目立つことに価値がある場合での使用をおススメします。

 

 

 

ブルー

外国人を意識した顔を目指すのであれば、ブルーのカラコンがおススメです。

 

黒髪や明るく染めた髪など、似合う髪の色も幅広いため、
意外とクセがなく、違和感ないカラーです。

 

もちろん日本人がこのカラコンを装着することで、
カラコンを使っていることはバレバレですが、
一つのファッションやオシャレの意味で使用するなら、
引き立って目立つという魅力もあります。

 

 

 

もちろん他にも種類はありますが、このあたりが一般的なカラーになります。
また、それぞれのカラーにおいてさらに細かく色を調整することができます。

フチあり・フチなしカラコンのそれぞれの長所短所