主には目の痛みや充血、目やにですが、角膜を損傷させるカラコンの被害が報告されています。

カラコンの危険性

 

危険性

 

規制の緩さ

日本は海外に比べてコンタクトレンズにおける規制がかなり緩くなっています

 

例えば海外の場合、コンタクトレンズを使用するのに、処方箋が必要な国もあります。
もちろん購入方法も限定されており、日本に比べて格段に厳しくなっています。

 

ちなみに日本はネットで気軽に購入できるため、
処方箋はおろか、医師の診断なしにファッション感覚で利用できてしまうのです。

 

 

 

カラコンによる被害例

実際の被害としては、
目の痛みや充血、目やにが主ですが、中には角膜を損傷させてしまう人もいます

 

また、こうした被害に遭った人の大半が元々コンタクトレンズを使用している人です。

 

医師の診断を受けてコンタクトレンズを購入し、問題なく使用できていたため、
独断でカラコンを購入した結果こうした被害に遭ってしまう、
このパターンが非常に多く見受けられます

 

また、ひどい事例を挙げれば、カラコンならではの色素が悪影響を及ぼした例もあり、
溶けた色素の影響で失明したという人も存在します。

 

 

 

被害が多い理由

 

品質の問題

 

カラコンの品質に問題があるケースも多数あります。

 

そもそもカラコンは、
一般的なコンタクトレンズのカラーバージョンというわけではありません。

 

仕組みはそのとおりかもしれませんが、
材質においては全く別物だという解釈が必要です。

 

カラコンの多くは海外で作られており
国内のコンタクトレンズに比べて粗悪な素材である場合がほとんどです。

 

このため、破損や色素落ちといった、初歩的なトラブルも起こりやすいのです。

 

 

使用者の意識の低さ

 

また、使用者の意識の低さも被害の多さに深く関わっています

 

カラコンは国から高度管理医療機器に指定されているほどのものです。

 

「友達に勧められて一緒に買った」「安かったからネットで買った」など、
高度管理医療機器を利用するにしては、
あまりにも使用者の購入動機や購入方法が軽率すぎます

 

ファッション目的で使用する人が多い分、
カラコンが医療機器の一つであることが忘れられている気がします。

 

 

材質が粗悪な分、安全に使用するには、むしろ一般的なコンタクトレンズ以上の慎重さが必要なのです。