黒目が小さい人は、カラコンの選び方を気をつけなければなりません。

黒目が小さい人のカラコン選び

黒目が小さくて悩む男性

 

自分の黒目が小さいと思っている人は、往々にして自身の眼が与える印象について悩んでいます。
特に三白眼との持ち主は、自身の意図せぬ所で「目つきが悪い」と思われている場合が多いため、悩みが尽きません。
そのような場合はカラコンを付けて解決しましょう。

 

特に黒目が小さいことに悩んでいる人は、いくつかの“コツ”を抑えることで効果的に印象を変えられます。

 

 

カラコンを選ぶ際のコツ

 

白目が透けにくいものを選ぶ

三白眼の人は、丁寧にコンタクトを選ばないと白目部分が透けてしまうことで違和感を生じさせてしまいます。
白目の部分が多い人は「白目が透けにくいレンズ」を選ぶようにしましょう。
着色直径が大きいレンズは黒目まですっぽりとカバーしてくれるため、白目の面積が大きい人でも透け感を気にせずにカラコンを楽しめます。

 

レンズは想像より小さめに

カラコンを選ぶ際に注目されるポイントの1つ「レンズ直径」は、自分が思っているより少し小さめのものを用意しましょう。
あまりにレンズ直径が大きいと結果的に着色直径も大きくなり、黒目が不自然に大きくなってしまう傾向にあります。
三白眼の人は特に、白目を埋めようとしすぎない意識が大切です。

 

ブラウン色を意識

目つきが悪く、怖い印象を与えがちな三白眼の人は、カラコンで黒目の部分を大きくするだけでなく「色相」にも拘りましょう。
オススメは黒髪にも自然に馴染みやすいダークブラウン系です。
色の濃いカラコンを利用するより目元に優しい印象が生まれるため、話しかけやすい雰囲気が漂います。
目元を少し柔らかく、しかしクール感は保ちたい場合は濃いブルー系もオススメです。

 

ハーフ系カラコンは避ける

ハーフ系カラコンとは、装着することで外国人のようなキレイな瞳を演出するためのカラコンです。
儚げで守ってあげたくなる印象が与えられるため女性に人気ですが、男性でも装着することで印象を大きく変えられます。
しかし、男性のハーフ系カラコンは往々にして「クールすぎる」印象を与えてしまいがちであるため、初心者の内はできるだけ避けた方が良いです。

 

 

大切なのは印象の柔らかさ

CHECK!

 

黒目が小さく見える人のカラコン事情で、最も大切なポイントは「印象の柔らかさ」です。
三白眼と呼ばれる人たちは、意識しなくても目つきが鋭く感じられてしまいます。
あえてクール感を際立たせても良いですが、それは上級者のテクニックです。
まずは柔らかいものを選び、不自然にならないようなレンズ選びから始めましょう。

 

 

自分に合ったカラコン選びを

黒目が小さいと悩んでいる人には、カラコンの着用がオススメです。
特にブラウン系の色相を選び、着色直径を少し控えめにすると、自然と優しい印象を与えられます。
カラコンを正しく選択できればビジネスシーンでも効果を発揮するため、是非とも自分に合ったカラコンを見つけて理想の目元を実現しましょう。